「白夜行」今さらながら・・・読みました - 読んだ本の感想

「白夜行」今さらながら・・・読みました

IMG_2836_R.jpg


この超有名な綾瀬はるかと山田孝之でドラマ化もした「白夜行」
やっと読みました・・・。
以下ネタバレなし

19年前(1973年)、大阪で起きた質屋殺し。何人もの容疑者が捜査線上に浮かぶが、決定的な証拠がないまま事件は迷宮入りに。被害者の息子・桐原亮司と容疑者の娘・西本雪穂は、その後別々の人生を歩んでいくかに見えた。だが、二人の周囲には不可解な凶悪犯罪が次々と起きる。

全体的には淡々と描かれているし主人公?の二人の心理描写は全くありません。
ただ二人以外の視点からの見た目や話したことで二人の人物像を描いていきます。
僕は思うんですが実際の生活でも人が本当は何を考えてるか分りません。
見た目や話し方や人の評価などで判断しています。
小説でこれをやるのはなかなかないですがこれは見事に成功していると思います。
モノローグがないからこそ二人が本当は何を考えているのか?何が目的なのか?
気づいたら全部読んでました(笑)


僕が面白かったのは昭和のまだ法律が整備されてなかったころの
実際の時事がちょいちょい挟まれてくるところです。
オイルショックでトイレットペーパーが足りないだの、
ファミコンのマリオブラザーズがバカ売れしたため海賊版を作って商売したりだの。
昭和のにおいが感じられて懐かしい気分も味わえます(笑)



東野圭吾を読んでると玄人からはニワカと呼ばれるらしいです(笑)
でも面白いものは面白いよねやっぱり。
読んでない人はぜひ読んでみてください。
少し長いですが・・・(個人的に(笑))



スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply